金沢マーケ塾第4期3回目【自己満足は商売じゃない】

2019.03.18

金沢マーケ塾の第4期3回目が開催されました。いよいよ「本格的」な「ゼミナール」がスタートします。個人の仕事について改善していく研究を個別に行い、それらの研究発表を行うことで、全員が人数分の色々なノウハウを手に入れる。これこそが「マーケ塾のスタイル」なのです。

今回は、冒頭に「鮎飛講師」より「マーケティング・アプローチ」についての説明がありました。どう売るか?の「セールス・アプローチ」ではなく、どう組み立てれば相手が買ってしまうのか?の「マーケティング・アプローチ」です。「こちらが売る」と「相手が買ってしまう」の違い。この説明には、なるほど!と何度も膝を叩くことになりました。確かに「無理をして売りつける」と、次のセールスチャンスがなくなってしまうこともあります。しかし「相手が買ってしまった」のであれば、次のセールスチャンスがなくなるようなことにはなりません。

この話を聞く限り「マーケティング・アプローチ」は、セールスマンには「良いことづくめ」なのです。ただし、1つのアプローチごとに「綿密な調査」と「綿密な組み立て」が必要になってきます。とはいえ、新規の顧客の購買確率より、再購入をする確率の方が高い・・・さらに、再購入をするほど購入単価が上がるのなら、トータルで考えると、その手間も大したことではないように感じました。ここに書かれたアプローチの詳細については、WEBでの公開に制限がかかってしまっているので、ご紹介できないのですが、マーケティングは凄いと感じた瞬間でした。

続いて、今回から「大阪ヒット塾」を卒塾したものの、未だ「業務改善の研究」を続けている、今期 中途で初参加となる、日本最古の「味醂蔵」を持つ、三河の「九重みりん」の営業マン「中尾研究生(通称「中尾ちゃん」)の研究発表が始まりました。第3回より「受講生の研究発表」がメインの時間。

研究生 中尾さん

 

最初の公演時間を短くして「研究発表と考察、および「理論の紹介」、そして次回の研究へ向けてのヒント」といったものに重点が置かれ始めます。中尾ちゃんの発表は、さすが「研究生」として参加されているだけの「迫力」がありました。なにせ1ヶ月で50もの細かい業務改善を積み重ねているのです。

中尾ちゃんの発表の後、次回の課題が出されました。「営業企画アプローチ」のための「マーケティング アプローチ プランニング」です。このフォーマットもWEBでの公開に制限がかかっていますので写真等での紹介はできないのですが、その道のプロフェッショナルである鮎飛講師による「実例」・・・お客様を前にして「何を話せば良いのか?」、あれよ あれよといううちに、アッという間に鮮明になります。「こういうふうに話をすれば、そりゃぁ顧客の人は納得するしかない!」と思える「マーケティング・アプローチ・トーク」が、あぶり出されていきます。この技は練習してでも身につけたいと誰もが思いました。

続いて、セールスマンの人たちの発表。次に、マネージャークラスの人たちの発表がありました。

そこで、大御所である主任講師:加納先生の登場。「マネージメント」とは「時間」と「お金」と「空気」の3つを管理すること。まずは「時間の管理のしかた」というものについて、事細かな「手法論についての説明」がありました。

金沢マーケ塾主任講師 加納先生

 

理屈は後でわかる。まずは「できるようになるまで練習をしてください。」という、いつもの恒例の言葉。初めて体験する人たちは「とにかくやってみよう」と半信半疑な顔をしています。そこに講師やフェローたちの「絶対に、やったほうが良い。やらないと自分がソンをするよ」という声が聞こえてくる。

 

最後に、商品開発マンたちの発表。「売れる商品」とは「売れない理由のない商品」という発表をしてくださった「まっきー」と、「俺は、自己満足の売れない商品ばっかり作っていた。そんなのは商売じゃない。俺は、これから自己満足の商品開発はやめる! お客さんが喜ぶ商品しか作らねぇ!」と宣言をしてくださった「まっちゃん」。  この「まっちゃん」の発表には、そこに来ていたオブザーバーの方々も含め、大喝采が起こりました。

まっちゃんの発表にみんなが頷いていました

 

まっちゃんが商品開発したお漬物たち

 

 

細かいところまで 説明できないレポートになってしまいましたが、以上が第4期金沢マーケ塾の3回目のレポートです。

 

尚、次回は4月12日13時から金沢勤労者プラザにて開講します。

金沢マーケ塾に興味ある方は、1回にかぎり、無料で特別にてご見学可能です。雰囲気や講師や受講生のリアルな声・現場に来ないと聞けないノウハウを知ることができます。見学だけでもしてみたい方は、ご遠慮無く事務局までご連絡ください。

 

 

■金沢マーケ塾第4期

第1クール  1月11日 <ニーズをつかめば必ず売れる>

第2クール  2月8日 <ヒット感覚を磨く>

第3クール  3月8日 <改善ニーズ・新ニーズを掴む>

第4クール  4月12日 <全社で開発体制の強化を>

第5クール  5月10日 <売れるかどうかの判断術>

第6クール  6月7日 <わが社の新商品開発テーマ発表>

 

nakabi株式会社 金沢マーケティング塾 開催事務局 担当:今川・永田
TEL 076-242-2265
mail imakawa@nakabi.jp

 

 

■ 第5回 ギバーズミーティング「特別ノウハウ公開回」
金沢マーケ塾・大阪で30年続く「売れる商品開発塾」の 主任講師でもあり、数多くのヒット商品を生み出した卒業生を輩出している「加納 光」さんの一般特別公開講座が4月に開催されます。どなたでも参加できますので、ご興味のある方は足をお運びください。

日時:4月17日(水)18:00~「社員の成長は社長の方針で決まる!」

場所:金沢勤労者プラザ

参加費:1000円

 

nakabi株式会社
TEL 076-242-2265
mail info@nakabi.jp

 

最後までお読みくださりありがとうございました。