GIVER’S MEETING 全国トップ3 パッケージデザイン企業の「朝練」。

2019.03.18

昨日第4回「Giver’s Meeting」が開催されました。Giver’s Meetingは金沢マーケティング塾・卒業生の公開/活動報告会です。

今回は外部中心で構成されている講師陣の中から「お土産パッケージデザインプロダクション」のディレクター大弥大輔さんに日頃の活動発表いただくことになりました。

発表内容は通例に従い、彼が日常的に仕事に導入している「大阪ヒット塾」「金沢マーケ塾」で手に入れたノウハウを活用しての取り組みです。

「言葉を聞いて理解した気にならないように、常に自分たちの勘違いに着眼法を活用して向き合い続ける。」というのが大弥ディレクターの方針。

何人ものデザイナーを抱え、1人でチームの総合ディレクションをしながら営業もしてまわるというのが大弥ディレクターの職務です。

そこには、毎日顔を見合わせている会社のメンバー全員も参加していました。当然、上司である「BOSS」こと「社長」もミーティングに参加。

毎朝「ゲーム」として行っている、通称「朝練」を再現してくださいました。

まず「市場のトレンドをつかむこと」をデザインワークの主軸に置いている。流されて「トレンドにのっていないデザインを作らないようにするために、トレンドに乗っていないデザイン=なんだか気持ち悪いと感じるためのトレーニング」・・・

たとえば「本当のところ、どっちが売れているのか?」を当てるゲーム。出張先で買い集めた最新の商品。それも「爆発的に売れているもの」「似ているけれど売れていないもの」を混ぜて購入し「どっちが売れているのか?」を当てっこするゲーム。

また「この商品を、この人が買うのか?」という「推測ゲーム」があったり。「売れている」「売れていない」ではなく「この人が いくらのこの商品を買うのか?買わないのか?」を当てる。当てようとしても、なかなか当たらない。参加者の人たちも大きく盛り上がるゲームでした。

他にも色々なゲームがあり、それぞれに再現。ゲームを通して多く当たっている人は実に少なく、まるで当たっていない人たちに向けて「まとめのメッセージ」がありました。

朝練の内容をご説明くださっています。

こちらはくじで問題を決めている様子、わかるまで何度でも繰り返します。

性別・年齢・商品情報などをふまえて、購入するか?しないか?のクイズです。

 

 

「トレンドをつかまえてデザインする」という言葉を、聞くと「確かにそうだ」という話になりますが「バタバタと、そういうデザインを作っているデザイナーが、トレンドに乗っていないデザインを作りそうになった瞬間、気持ち悪いと感じ取れる感覚を日常的に磨いておかないと、結局ダメなデザインしかできません。」という「まとめの言葉」に参加されたみなさんが納得していました。

そして、その様子を見ていた「大弥さんの会社のみなさん」も「自分たちはムダなことはやっていない。素晴らしいことをやっていたんだ」と改めて振り返る時間となったようです。

 

以上、最後までお読みくださりありがとうございました。尚、金沢マーケ塾最終回は4月12日13時から金沢勤労者プラザで開講します。金沢マーケ塾に興味ある方は、1回にかぎり、無料で特別にてご見学可能です。雰囲気や講師や受講生のリアルな声・現場に来ないと聞けないノウハウを知ることができますよ。見学だけでもしてみたい方は、ご遠慮無く私までご連絡ください。

 

■金沢マーケ塾第4期募集開始します!
第1クール  1月11日 <ニーズをつかめば必ず売れる>
第2クール  2月8日 <ヒット感覚を磨く>
第3クール  3月8日 <改善ニーズ・新ニーズを掴む>
第4クール  4月12日 <全社で開発体制の強化を>
第5クール  5月10日 <売れるかどうかの判断術>
第6クール  6月7日 <わが社の新商品開発テーマ発表>

先着15社までです。お申込みはお早めにお願いします。
お問い合わせは下記までお願いします。

■ 第5回 ギバーズミーティング「特別ノウハウ公開回」
金沢マーケ塾・大阪で30年続く「売れる商品開発塾」の 主任講師でもあり、数多くのヒット商品を生み出した卒業生を輩出している「加納 光」さんの一般特別公開講座が4月に開催されます。どなたでも参加できますので、ご興味のある方は足をお運びください。

日時:4月17日(水)18:00~「社員の成長は社長の方針で決まる!」

場所:金沢勤労者プラザ

参加費:1000円

 

nakabi株式会社
TEL 076-242-2265
mail info@nakabi.jp