金沢マーケ塾第4期1回目【売れるか?売れないか?分からない人に売れるものはつくれない】

2019.01.19

金沢マーケ塾の第4期1回目が開催されました。今回は8名の参加者でのスタートとなりました。

▲受講生のみならず講師やオブザーブを含めて30名ほどご参加頂いております

 

冒頭に林先生から金沢マーケ塾の特徴の紹介から始まりました。まず大阪でヒット塾として30年の実績と歴史をもつセミナーなので業種・業態問わず幅広く対応対応可能。次に、受講生一人一人に異なった課題を設定し職場での実践を通して解決する技術を身に付けることができる。そして3人の講師と得意分野が異なる5人のフェローで受講生を手厚くサポートします。とご案内がありました。

▲林先生によるマーケ塾概要説明。

 

続けて参加者一人一人の自己紹介と恒例の「呼び名(自己申告ニックネーム)付け」がありました。金沢マーケ塾は半年間に渡り受講頂きます。その期間は自己申告した愛称である「ニックネーム」で呼び合うのが慣習です。一番多いのは名字+ちゃんですが、中には小学生の時のあだ名で呼んで欲しいという方もいて毎回ニックネーム決めは盛り上がります。

 

その後、加納先生による初回講義がありました。売れるというのは、お客さんが買った結果の現象。売りつけるのではなく、お客さんが買ってしまうように仕掛けていくのがマーケティング… といったマーケティングについての詳細な話がありました。難しい内容を難しいまま説明するのではなく、難しい内容を誰にでもわかりやすく説明する。これは、本当の意味で核心を理解していない人には難しい話だと、先生の話を聞くたびに痛感してしまいます。

 

▲マーケティングについて講演する加納先生。難しいことを簡単にがモットーです。

 

講義についての内容は、Webでの公開に制限がかかっているため、詳細をここに書くことはできません。講師やフェローの「本当に売上があがる話」を聞いてみたい方は、会場に足を運んでいただくしか方法がないのです。

 

そういう内容の講義の後、恒例の「どちらが売れているか?の当てっこゲーム」を開催。これは街中でなんでも良いので商品を2点購入してきてどちらが売れているか全員であてっこするゲームです。今回は全部で13問ありました。事前情報なしで販売場所・商品パッケージ・販売価格のみを伝え、どちらが売れているか投票します。これがけっこう難しいのです。

 

▲後ろのボードに「売れるか?売れないか?分からない人に売れるものはつくれない」と。

 

最初にファーストインプレッションでまずどちらが売れているのか挙手します。その後参加者が一人一人その理由をプレゼンします。その理由を聞いて判断を変えてもOKです。そしてファイナルアンサーとして再度挙手した後に答えが発表されます。それを聞いて「やっぱり」とか、「よっしゃー」とか歓声が上がります。やっぱり外れると悔しいみたいですね。

 

▲ゴルフの手袋。1,800円と2,200円。どちらが売れている?

 

▲コーヒーゼリー。3個98円と1個98円。因みに98円の方が売れているようです。

 

▲プルーン。280円と550円。どっちだったかな?僕は間違えました。

 

最後に受講生一人一人に加納先生から次回セミナーまでに仕事中に取り組む課題が発表されました。課題を聞いている時の受講生の真剣な表情が印象的でした。業種・業態も異なる8名の方が今後どのように課題に取り組み、成長していくのか楽しみです。

 

 

以上で第4期金沢マーケ塾の1回目が終了しました。尚、次回は2月8日13時から金沢勤労者プラザで開講します。金沢マーケ塾に興味ある方は、1回にかぎり、無料で特別にてご見学可能です。雰囲気や講師や受講生のリアルな声・現場に来ないと聞けないノウハウを知ることができます。見学だけでもしてみたい方は、ご遠慮無く事務局までご連絡ください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

■ギバーズミーティングのご案内

講師助手(フェロー講師)としてマーケティングセミナーに関わってくださっている、日本トップ3の「お土産パッケージ デザイン企業(CSクリエイト)」の営業 兼 デザインディレクターである「大弥大輔」さんの卒塾後の一般公開活動報告が2月に開催されます。どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方はお運びください。

 

日時:2月21日(木)18:30?「ローカルにいながら全国トップ3に」

場所:金沢勤労者プラザ

参加費:1,000円

参加登録はこちらから

 

 

■金沢マーケ塾第4期
第1クール  1月11日 <ニーズをつかめば必ず売れる>
第2クール  2月8日 <ヒット感覚を磨く>
第3クール  3月8日 <改善ニーズ・新ニーズを掴む>
第4クール  4月12日 <全社で開発体制の強化を>
第5クール  5月10日 <売れるかどうかの判断術>
第6クール  6月7日 <わが社の新商品開発テーマ発表>

 

nakabi株式会社 金沢マーケティング塾 開催事務局 担当:今川・永田
TEL 076-242-2265
mail imakawa@nakabi.jp