金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
社長のブログ
RSSロゴ

アナログ派こそyoutubeでビデオブロガーになろう研修in金沢


先日、株式会社はちえんの坂田誠さんをお招きして、「アナログ派こそyoutubeでビデオブロガーになろう研修」を開催しました。



▼株式会社はちえん 坂田 誠さん

DSC00344.JPG




そもそも、なぜ「今」youtubeなんでしょうか?僕がセミナーを聞いて感じたところでは3つ理由と+1があると思います。



①動画再生の環境と端末が整ってきた

 
テキストと違いリッチコンテンツである動画はデータ量が多いためコンテンツの再生が非常遅かったけど、通信環境の整備とデータ再生技術の向上により、いつでも、どこでもスマートフォンで再生が可能になった。



②youtuberの登場

 youtubeの日本一のブロガーHikakinTVは再生回数が2.2億回以上。その再生回数から得られる広告収入がビジネスモデルとして成り立っているという世界。つまり、それだけ多くの人が視聴しているということ。



③顧客に安心感を与える

 たくさんの写真や洗練された言葉を並べるより、動画1本の方がその人の人柄を含めたくさんの情報が伝わる。





+1は検索に強いということです。


youtubeはご存知の通り検索大手のGoogleのサービスです。ユーザーが問題解決のためGoogleで検索した結果、その問題解決のコンテンツが動画で表示された場合そっちのほうが強いですよね。


例えば、「浴衣 着付け」で検索してみるとyoutubeの動画が1ページ目の3位に表示されていました。写真やテキストだけの情報より、本当に困っている人はそれを見て浴衣を着ますよね。


それが、検索流入やコンバージョンに繋がるというのは想像に堅くないですよね。







これらの座学を終えた後、早速グループに分かれて自分のビデオブログを撮影。「いきなりできるのーって」感じで、みんな恥ずかがっていましたが、動画撮影をやりだしたらみなさん結構乗ってきて、最後の方はわいわいとやってました。


▼各グループにわかれて自己紹介の構成表を制作

DSC00342.JPG




▼高井社長撮影中

DSC00346.JPG




「自己紹介の構成表」は以下のとおり。

①期待されたい役割(チャンネルテーマ)
②投稿ネタ
③重要キーワード
④魅せる工夫(背景・ファッション・アクション)
これにもとづいて、各自ワークをしていきます。基本、個人ブランディングの考え方ですね。




さらに、これを踏まえ「ビデオブログ記事制作シート」に1コンテンツとして落としていきます。

①オープニング
②テーマ(誰に何を伝えますか)
③課題の反復(顧客の悩みや課題を思い出してもらう)
④一つの答えをずばり
⑤なるほどそういうことか!(検証・実例・例え:より具体的に顧客に想像してもらう)
⑥エンディング(行動喚起や告知)




▼恥ずかしいけど僕の人生初のyoutubeデビューの映像です(iPhone4s:1分44秒)。





個人的には動画というと敷居が高いイメージがあったのですが、ipone4S1台で撮影してそのまま簡単にyoutubeにアップすることができました。それも無料ですし。販促には色々と活用できそうですね。



以下は参加者の感想です。

・楽しかった!(Yさん)

・ホームページのリニューアルページに動画を入れてみたいと思います(Tさん)

・思っていた感じと違いましたが、ビデオブログで完全アナログとyoutubeにアップして伝えることの大切さがわかりました。(Gさん)


・とてもよかったです。これからも継続!(野瀬さん)


・わかりやすくて面白かったです。iMovie講座を早く受講したいです。(Yさん)


・今日はネタ不足で動画作成までいきませんでしたが、制作シートがわかりやすいのでなんだか私でもできそうな気がします。実践して活用していこうと思います。(Nさん)


・楽しく参加させて頂きました!(Fさん)


・大変、大変、参考になりました。営業活動にものすごく効果的だと思います。価値あるセミナーでした。(Nさん)


・大変勉強になりました。動画の考え、youtubeに対する考えが変わりました。(Kさん)


・実際に動画を撮る作業をしたので吸収しやすいセミナーでした。iMovie講習も受講したいです。(Uさん)




▼最後は記念撮影

DSC00350.JPG




最後までお読みくださりありがとうございました。「いいね!」と思ったらお好みのソーシャルラインでシェアしてくれたら嬉しいです!





2013年7月 9日 16:46



このブログの評価・感想↓