金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
社長のブログ
RSSロゴ

ソーシャルメディアが世界を変える。マーケティングを変える。ビジネスを変える。



ソーシャルメディアが世界を変える。
マーケティングを変える。
ビジネスを変える。


というマーケティングコンサル藤村さんの言葉に出会いました。




それはコンテンツ中心だったネットの世界が、よりコミュニケーションを軸にした人中心型の世界に移り変わっていくという意味だそうです。




僕達の普段のネットライフを振り返ってみても、スマホでfacebook、Twitter、LINE等で友達とコミュニケーションをとったり情報収集してますよね。





その中で触れる情報は日常のちょっとした話やビジネスに役立つ話等玉石混交ですが、その情報を信用するか否かは誰が言っているかが大切だと思います。





例えば、行ったことのないお店に始めて行く時はなんらか情報を調べますよね。お店が発信している情報や、雑誌に掲載されている情報等色々ありますが、やっぱり実際に行った友人に聞くのが一番信用性が高いですよね。




ソーシャルメディアの世界では、それが意図しているか否に関わらず可視化されている。つまり、友達からのレコメンド情報に溢れています。それを選択するかは、友達との関係性によるけれど、そうやってお店が選ばれていくという現実が僕たちの周りには既にたくさんあります。





こうやってソーシャルメディアはいつのまにか人の購買行動に影響を与えていきます。それはマーケティングがコンテンツ在りきからより人中心型にシフトしていくことを意味します。極論すれば、「何を言うか」よりも「誰が言っているか」が大切だということになりますね。




つい先日も「Googleの品質管理チームの責任者であるマット・カッツ(Matt Cutts)氏が公開した動画にて、これから検索のルールを被リンク重視から著者重視に変えていくと明言した。」という記事がでてました。<【速報Google被リンクからオーサランクに行こうする。SEO業者全滅か!?】>から引用





真偽の程度はわかりませんが、今までユーザに役立つコンテンツを被リンクの質と量で優先順位をつけて表示させてきた検索の世界でも「誰が言っているか」を重視していくとのことです。





いずれにせよネットの世界が人中心型にシフトしていくというのが長期的なトレンドなんでしょうね。それは徐々にオンラインとオフラインの垣根がなくなっていくことに繋がっていきます。




人がオンラインとオフラインの垣根なく繋がった世界は、昔の村社会のようなその商品について一番いい仕事ができて信頼できる人から買うという当たり前の時代に戻るのかもしれませんね。




人は知らない人より、知っている人から。
知っている人より、会ったことがある人から。
会ったことがある人より、信頼できる人から買う。




企業のマーケティングもそんな風に進化していかなければ、これからの時代に順応できなくなる。そういう時代なのです。




最後までお読みくださりありがとうございました。「いいね!」と思ったらシェアしてくださいね。


2014年5月16日 10:40



このブログの評価・感想↓