金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
社長のブログ
RSSロゴ

何だか盛り上がってきたぞ。「A4」1枚アンケート実践勉強情報交換会in大阪。


何だか盛り上がってきました「A4」1枚アンケート実践勉強会。


北は東京、南は沖縄から岡本達彦さん著【「A4]1枚アンケートで利益が5倍になる方法】(リンクは金沢でのセミナーの様子)を具体的に実践していこうという有志が全国から集いました。

会場1.jpg



「A4」1枚アンケートで利益が5倍にする方法の著者岡本先生による挨拶

okamoto.jpg



僕が思うに世の中の多くの広告で反応が悪いのは、自社の商品やサービスの自慢話ばかりだからと思います。ツールのせいではありませんよね。自身の友達でも自慢話ばかりでしたら聞いてて気分が良いものではありませんよね。



だから自慢話でなく逆にユーザー目線で作ってある広告は見る人の共感を生み効果が高いのだと思います。そんなユーザー目線の広告を顧客アンケートから作ろうという人達の集いです。




この顧客アンケートから自社の販売促進を形づくるという手法の肝は、実際に商品やサービスを購入したお客様の声をもとに自社の強みを認識し、そこから販促のためのチラシやWEBサイトを制作するというものです。




他にも似たような商品・サービスがあるなかで自社が選ばれた理由、つまり「売れた理由」を明確にして打ち出していくということです。




 
まず、最初に原邦雄先生による昨年対比171%を叩きだしたスーパーのチラシの事例でした。ここでも活用したのが「顧客アンケート」です。A4アンケートをよりシンプルにして「来店や購入の決め手」だけを顧客に聞きそれを折込チラシに反映させたものです。
なんと温かみのあるチラシだと感じましたし、改めて顧客の声って大切なんだと実感しました。



原先生.jpg



▼決め手アンケートノート

決め手.jpg




▼真剣に話を聞く参加者のみなさま

会場2.jpg




次に、A4アンケートの勉強会の開催実績の多い弊社杉森より具体的な運営方法の説明がありました。


▼杉森による「Prezi」でのプレゼン。内容よりPreziの方がうけてました(笑)。

A4勉強会説明.jpg





またあわせて先般勉強会を開催した長崎の報告がありました。温かな余韻が会場に残るほのぼのとした発表でした。

▼写真は左から吉田さん、岩さん、立山さん。

長崎1.jpg

長崎2.jpg





そして、大阪の山内さんによる運営のための情報発信の在り方や文章を書くコツを教わりました。大切なのはコンテキスト。つまり、物事の背景やストーリを踏まえて情報を伝えていくということでした。


▼丁寧にコツを伝えて行くコトノハ・ワークス山内さん

山内1.jpg

山内2.jpg





最後に、池田さんによる全体の仕組みと今後のビジョンが語られました。これにかかわるすべての人々がハッピーになれること、この志が全国に広がっていくためにはどう在るべきかということが語られました。


▼ホワイトボードで考え方を描きながら伝えていく池田さん

池田1.jpg





その後の情報交換会では、具体的に当該勉強会の運営について色々な議論がされました。整えなければならないところはたくさんありますが、志が共有されていれば問題ないと感じました。


▼意見交換の様子

意見交換.jpg





▼終了後参加者皆様で記念撮影

最後.jpg



最後に。
この勉強会の輪は今年ようやく蕾をつけました。冬を越えた来年は、きっとその蕾が開花して全国に広がっていく年になると信じています。
僕自身もその原動力となれるよう頑張って行きたいと思います。


近い将来ここから多くの成功事例が作られ、買い手よし・世間よし・売り手よしの、三方良しの社会に繋がっていけばと思っています。


最後までお読みくださりありがとうございました。「いいね!」と思ったら下のいいねボタンを押してくださいね。


感謝。





2012年11月19日 09:44



このブログの評価・感想↓