金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
社長のブログ
RSSロゴ

「暇つぶし」の意味が変わっている?-僕の「隙間時間」29分について考えてみた。

【「暇つぶし」の意味が変わっている?-細切れの暇な時間を埋めるサービス】というエントリーを読んで、改めて「時間」について考えてみました。




そういえば、ここ数年「あー、暇や」と感じたことはないような気がします。時間は「空いている・空いていない」という認識で、空いていれば何か予定を入れてしまうことが習慣になっているからでしょうか。



でもブログ記事に書いてある通り実際は信号やエレベータ待ちの時や仕事の打ち合わせの時間調整など細切れの時間って以外とあるなと感じています。そして、そんな隙間時間にスマホでコンテンツを消費しているのも事実です。


a1180_005994.jpg



そこで、良い機会なので僕が日々どんなコンテンツを消費しているか整理してみました。


■起床
・facebookのタイムライン:3分【スマホ】
・はてぶのホッテントリー:4分【スマホ】
・朝のニュース番組:4分【テレビ】


■通勤中
・Gunosy:2分【スマホ】
・Yahoo:1分【スマホ】


■出社
・ローカル紙:5分【新聞】
・全国紙:7分【新聞】



■仕事中の隙間
・facebookのタイムライン5分【スマホ】
・ブログ記事等:8分【PC&スマホ】
・Flipboard:2分【スマホ】



■まっすぐ帰宅の場合
・夜のニュース等:20分【テレビ】
・facebookのタイムライン2分【スマホ】
・Twitter:2分【スマホ】




これを踏まえ【コンテンツ消費】、【デバイス利用時間】、【隙間時間】の3項目でランキング形式にしてみました。



【コンテンツ消費ランキング】
1位:テレビニュース:24分
2位:新聞記事:12分
3位:facebook:10分


以外とテレビは見ているんだなって感じです。ただ、消費の質(自分事としてみているかどうか)という点から考えると、ランキングの順位は反対になる感じです。




【デバイス利用時間ランキング】
1位:テレビ:24分
2位:スマホ:23分
3位:新聞:12分
4位:PC:4分


仕事上パソコンは必須ですがコンテンツを消費するという意味ではもはやパソコンである必要性は薄れているように感じます。



テレビと新聞は社会人として必要なコンテンツとして考え、それ以外で個人的に隙間時間で見ているなというものをランキングにします。




【隙間時間ランキング】
1位facebookのタイムライン10分【スマホ】
2位ブログ記事等:8分【PC&スマホ】
3位はてぶのホッテントリー:4分【スマホ】
・Gunosy:2分【スマホ】
・Twitter:2分【スマホ】
・Flipboard:2分【スマホ】
・Yahoo:1分【スマホ】



こうして隙間時間のランキングを見て見るとfacebookで友達の近況を見て、自分に関心がありそうなニュースを様々なWEBサービスから入手していることが分かります。そして興味がわくものについてはリンクから記事を読みにいっていることが分かります。



そう考えると隙間時間=暇つぶしではなく、友人の近況を知ったりテレビや新聞等のマスメディア以外から情報を取得する貴重な時間だということがわかります。





僕の1日の隙間時間は29分。1年で換算すると176時間で約7日間、1年の1.9%に相当します。隙間時間も積み重なればまとまった時間になりますね。貴重な時間と認識しつつも、来年にむけて隙間時間の使い方を見直してみようかな。





最後までお読みくださりありがとうございました。「いいね!」と思ったら下のいいねボタンを押してくださいね。








2013年11月22日 10:09



このブログの評価・感想↓