金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
社長のブログ
RSSロゴ

2011年ブログ「いいね!」ランキングベスト5位。なんと1位は1,354「いいね!」


今年も残すところ僅かとなってきました。
今年1年間で41本ブログを書きました。よくある企画ですが1年間ブログに頂いた「いいね!」数をランキングにまとめ1年間を振り返ってみたいと思います。



まず、第5位 81「いいね!」

【フェイスブックで来客「倍増」の仕組みを作るセミナーin仙台参加してきました!】(9月25日作成)

matuo.jpg























これは佐渡島の合宿で知り合った仙台市の乾杯請負人「商売とは相思相愛と出逢う旅」株式会社 乾杯・KANPAIの松尾さんとWEB制作のエキスパート仙古堂の後藤さんとの最強コンビがお届けするセミナーでした。このセミナーではツールであるソーシャルメディアを自社の販売戦略にいかに活用していくかという考え方を整理整頓することができました。
そして、セミナーの価値はその後どのように行動するのかにあるということに改めて気がつきました。





続いて、第4位 152「いいね!」

【熊坂仁美著「Facebookを集客に使う本」】(6月12日作成)

kumasaka.jpg
















































いわゆる「赤本」を発売日に購入して、書評として早々記事にしました。僕は単に備忘録としてまとめただけですが、著者の熊坂さんにフェイスブック上で紹介されて多くの反響がありました。
誰よりも一番先にやることの「価値」を知りました。





では、第3位は 171「いいね!」 

【斉藤徹氏著「ソーシャルシフト」。マーケティングは「おもてなし」へ。】(11月20日作成)

ソーシャルシフト1.JPG











































これも書評ですね。著者の斉藤さんはこの本の執筆プロセスをフェイスブックの公開グループ機能を使って
そのグループの参加者と対話を行いながら書き上げた1冊です。
よくよく考えてみると、その行為そのものがソーシャルシフトなんですね。公開の場でファンとの対話と交流。
そしてこの本の作成に関わった人の名前が本の文末に記載されています。僕も名前が載ってて嬉しかったです。興味あるところに積極的に関わっていくことの大切さを知りました。





そして、第2位は 188「いいね!」

 【ソーシャルメディアを活用して「ファンと新しい8番らーめんを創る」】(12月21日作成)

290806_206283859451334_100002091655891_459379_1157241259_o.jpg



























これは、先日アップしたばかりの記事。地元の人なら誰でも知っている8番らーめんさんのソーシャルの取り組みのインタビュー記事。第3位の「ソーシャルシフト」をまさに実践していこうとしている意気込みとビジョンをまとめた内容です。担当の岡さんは志と情熱溢れる素敵な方でした。
人は夢と信念があれば頑張れるということ改めて感じました。





最後に、第1位は 1354[「いいね!」

【Facebookの友達を捨てる作法。「ゆらす」と「すてる」】(8月6日作成)

佐渡.jpg






















これは今年の夏に佐渡ヶ島のソーシャルメディア勉強合宿で得たFacebookの友達に関する考え方をまとめたものでした。この時期はFacebookの利用者が拡大していってたこともあり、それに合わせて友達を増やすという傾向がみられました。それに問題提起するような内容でしたので大きな反響を得ました。
ブログは「視点」によって価値が生まれるということを知りました。





今年は本当にソーシャルメディアを通して新しい出会いや発見がたくさんありました。Facebookってやっぱりコミュニケーションツールですよね。新しい人とFacebookを通して出会う、Facebookを通して昔からの友人とより多く、そしてより深く話をする。




最近、人生とは「誰とどのように過ごすかが」大切だと感じています。
なぜならその時間の過ごし方が、写真や文字となりFacebookのタイムラインに反映されるからです。
「Like」な人生が送れるよう来年も頑張ろう!




このブログを公開後のコメントが僕にとってもっとも今年を象徴する1枚となりました。
写真.PNG





































熊坂さん、横田さん、坂田さん、今年1年大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。


最後までお読みくださり、そして1年間ありがとうございました。



2011年12月28日 17:13



このブログの評価・感想↓