金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
社長のブログ
RSSロゴ

第2期金沢マーケ塾がスタートしました。マーケ塾で得られるものとは?

いよいよ第2期金沢マーケ塾が1月12日から始まりました。
第二期は石川県のみならず岐阜県、富山県から合計6名の
方が入塾されました。

かんばん.jpg



この日の金沢は何十年ぶりかの大雪で交通機関は大パニック。
そんな大雪の中、塾生は時間通りに集合できたのですが、講
師6名のうち2人が福井で足止めされてしまうという記憶に残
るスタートになりました。


IMG_2631.jpg


■金沢マーケ塾とは?
 
第2期がスタートしたので改めて金沢マーケ塾をご紹介します。
金沢ではマーケティング塾と表現していますが、大阪で
はヒット塾として知られています。およそ30年前から行われ
いて、270社1,300名の卒業生を輩出している商品開発マン・
営業企画マン・販売企画マンといったマーケッター養成(強
化選手養成)の虎の穴みたいな所です。


ここではヒット商品を生み出すため、又営業の業績を上げるた
めにどういった考え方や行動が必要かを実践的に訓練します。
その考えの下、各受講生に課題が提出されその課題を半年に渡
って、自分の仕事現場に即した課題を消化することで技術とし
て身につけていきます



■仕事の基本
冒頭は加納先生の方からそもそもマーケティングの前に仕事を
する上で当たり前にできなければいけない事として説明があり
ました。

かのう.jpg

① 晴れ晴れとした顔で挨拶
機嫌よく晴れ晴れと挨拶する。

② いちいち冴えた返事
「わかりました」でなく、復唱する。

③ 掃除
毎日使うものはピカピカに磨き、要らないものはドンドン捨て



当たり前のことですが、なかなかできてないんですよね。僕も
自戒の念で聞いておりました(苦笑)。



■当てっこゲーム
その後は恒例の当てっこゲームです。何を当てるのかって「そ
の商品が売れているのか・いないのか」を当てるゲームです。
各塾生が同じカテゴリーに属する2つの商品を購入して持参しま
す。もちろん、購入する時どちらが売れているのかお店の人に
聞いて購入しますので本人のみが答えを知っています。

あてこすずき.jpg

あてこたかの.jpg


あてこかとう.jpg

当てっこたぐち.jpg



■課題発表
最後に塾生それぞれに課題が発表されました。詳しくは書けませ
んができるだけたくさん現物・現場・現実を見てくるという内容
です。

雰囲気1.jpg




■マーケ塾で得られるもの
最後に僕の方から金沢マーケ塾に半年間通って得られる事として
お伝えしました。

① 参加人数分の課題解決のノウハウが得られる
 それぞれの課題は違いますが、その課題を解決する方法が全員
で共有されるので、自分の課題以外の問題解決方法を知ることが
できます。

② マーケティングの反射筋力がつく
 マーケティングは反射力です。筋トレと同じように自身に負荷
をかけたらかけた分だけ身につきます。一度筋力がつき磨き続け
れば一生の財産になります。


③ 仲間ができる
 商品や業種や違えど半年間ともに学びます。仕事をしながら課
題をこなしていくのは大変です。そんな苦楽を共にする塾生は大
切な友になることでしょう。



■スタッフ紹介
主任講師 商売科学研究所 所長 加納光
役割:総合マーケティング指導

講師 コーチングフォレスタ 代表 林 美里 
役割:コーチング/SNSマーケティング

フェロー ひだ販促企画 代表  鮎飛 龍男 
役割:SPプランニング

フェロー (株)ボーダー セールスマネージャー 土田 真一郎
役割:セールスツール/制作ディレクション

フェロー nakabi(株) チーフデザイナー 西田 絵里 
役割:グラフィック・ロゴ・パッケージ デザイン 



以上の講師とフェロー、そして今川でお世話させて頂きます。全員
が半年後無事卒業できるようしっかり努めて参ります。



尚、次回は2月9日13時から金沢勤労者プラザで開講します。
金沢マーケ塾に興味ある方は、ご見学頂けます。雰囲気や講師や受
講生のリアルな声が聞けます。
見学したい方は私までご一方ください。⇒こちらから




2018年1月19日 12:19



このブログの評価・感想↓