金沢市でチラシを作成している会社です。戦略的な販促チラシを通じて、商売繁盛に貢献します。nakabi株式会社。
金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
  1. ホーム
  2. >売れるチラシデザイン3つのポイント

売れるチラシデザイン3つのポイント

売れるチラシデザイン3つのポイント|金沢市チラシ作成|nakabi株式会社
お客さまが“読むチラシ”“読まないチラシ”を分別する際、読む方に残るためのデザイン制作で大切なポイントは3つです。
1.チラシ黄金比を意識したレイアウト作り
マーケティングの世界に2:8の法則があるように、チラシレイアウトにも黄金比というものが存在します。
この黄金比を意識すると、お客さまがチラシを見た瞬間に「どこのお店のチラシなのか」「誰が読むべきチラシなのか」「読むとどうなるのか」など、読む手前“見る”という行為の段階で明確に伝えることができるのです。
2.紙面全体のイメージ色や文字フォント、大きさを意識する
その企業や扱っている商品・サービスのイメージカラーはとても大切です。また、ターゲットの性別や年齢層によっても文字フォント、大きさを調整する必要があります。
決して自分の好きな色やフォントでチラシを作ってはいけないのです。
その企業や商品・サービスが持つイメージとお客さまが抱くイメージを一致させなければ必ずイメージギャップというものが発生します。
ですから制作前は必ず「イメージギャップ」が起こらないように気をつけながら配色や文字フォントを決めましょう。
3.ターゲットを絞って“あなただけ”のチラシを作る
「ターゲットは?」と質問すると多くの方が「30代女性の主婦です」というように“年齢・性別・職業”を答えます。
でも、よく考えてみてください。「30代女性の主婦」は同じ境遇で同じ家族構成で趣味も生活リズムも全てが同じなんて人、この世にいらっしゃいますか?1人もいませんよね?
つまり「30代女性の主婦」というターゲット設定はあやふや過ぎるということです。
では、どのようにターゲット設定をすれば相手にとって伝わりやすいのか、次のポイント③で詳しく解説したいと思います。